FC2ブログ
AD





GショックにNATOベルトを無理やり付けた。

ど僕です。

時計を買い替えて2か月位経過・・・。

ベルトは切れて使えなくなっていましたが
時計本体は手の甲にあたる部分が擦れて
千切れているのですが、まだ使えそうなので
処分せずにとっておいたのです。

そんな、この前の休日。
暇人の私はすることなくテレビをボーっと見ていたのですが
時計の事を思い出し、どうにか使えるようにならなかなと。


ちょっとベルトを外してみることに。
1545636644996v.jpg


ビス4本とバネを外して。
1545636636935v.jpg


ケースもついでに外してみる。
1545636627012v.jpg
10年経って、初めて外したのですが
中が汚い・・・。
歯ブラシでゴシゴシ擦って、綺麗にしてまたケースをはめまして。


使わなくなっている、セイコーのダイバーに付けていた
NATOベルトがGショックに付かないかなと。
1545636607410v.jpg
似合わないのは想像つくのですが、暇なのでっ。


ここで一旦作業は止めて、また次回とテレビを見ていたのですが
ベルトを付けたいとムズムズして、また作業開始。


セイコーダイバーがベルト取付幅が22mmなのに
間違えて20mmを購入。
このGショックは取付幅16mm。
1545636598738v.jpg
取付部分だけ溶かして、16mm位にして
無理やりつけようとしてますヨ。


最初はバネが付く部分の、ちょっとだけ溶かしたのですが
バネを取り付けるのが難しく、広めに溶かしてます。
1545636590059v.jpg
眼鏡を外しているのは、私が老眼で近い作業は
外さないと見えません。
あと、バネと本体の隙間が狭いのでちょっと難しい。


ハイ、付きました。
1545636578461v.jpg
GショックにNATOベルトを付けるなんてオカシイですが
また、これで腕時計として使えます♪

検索するとNATO風ベルトはカラフルなのが沢山あって
似合う色を探せばいいかもしれません。
が、16mmって女性用の太さですよね?細いので。
やはり太いのを購入して、また取付部分のみ溶かして
太いベルトの方がいいな~。

って、もう変えないですけどね。
いつ寿命がくるかわからない時計なので。

コメントの投稿

非公開コメント

AD




AD


欲しいものがきっと見つかる






Profile

波照間島にて

Author:ど僕
74年製の小排気量のポンコツです。
どうぞ宜しく。

■ Blog Ranking ■
Categories
Recent Entries
Links
Recent Comments
Calendar
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Monthly Archives
Visited