FC2ブログ
AD





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてヘッドライトをLEDにしたヨ♪

ど僕です。

今まで、ヘッドライトをLEDにしたいとは思ったことないんですよ。

何故かな~と考えると、純正で不満はないし
夜に走ることも少ないし(といっても、エンジンかけたらライトオンですが)
あと、対向車で車もバイクも光軸が合っていないのか
とても眩しい時は、LEDが多い気がするし・・。

でも、ニュートラルやウインカーのメーター回りは
LEDにしたいと思っているのですが、アホなので
どれを買えばいいか分からないので手をつけたことがありません。

が、この度何故か知人が「大型バイクを買ったお祝いです」
とLEDのヘッドライトの球と、私が自分で作業するのが苦手と
知っているので工具も一緒に持ってきてくれましたヨ。
153p4382565759.jpg

1箱に2個入っているものを購入したとのことで、
1個は自分のマシンに、もう1個を私にと持って来てきれたようで。


が、私はそこまでやってもらう仲でもないしなと
なんとなく購入代金を聞き、半分に近いお金を
申し訳ないのでお返ししました。

交換後に外にセブンを出して、点灯したのですが
白い明りで、なかなか明るい。
車検は通るかどうか私は分かりませんが
車検の時はまた純正に戻してあげますよとのこと。
優しい方だ・・。

何かお返しをしないといけません。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ど僕さんと同じく、ずっとLEDのヘッドライトなんて興味なく付けたことも無かったんですけど。
偶然この前遊んでいただいた時に2台ともLEDでしたね!しかも夜^ ^
私のは小1程度の安物なのであれですけど、ど僕さんのは車検通りそうですよね。
色も自然で光量も明るかったし、光軸さえ出れば良さそうですね。
節電できるのでバッテリーに優しいかも!?

Re: No title

>じぇいるさん

LEDで車検に通らない時は、光量不足が多いんですね~。
バッテリーに優しいというのがいいですね!
メーターとインジケーターもLEDにしたいな~。

おはようございます

中国先生のブログが更新されてないかなあっと開いてみましたが、やっぱり開いてませんでした。。。
どうやら奇跡は1回だけなんですかねえ…
その奇跡の1回が私と中国先生ブログとの出会いだったってのも不思議ですね、何しろ中国先生はその時既にお亡くなりになってらっしゃいましたから。

中国先生のブログを忘れた頃に読み返します。
本当に不思議ですね、何度読み返しても飽きません。
丸で北海道テレビ「水曜どうでしょう」みたいです。

実に不思議なブログですよね、ツボにハマった者を離してくれません(笑)

因みに私が広島県在住だったら、尾道情報探索人さんに弟子入り懇願して火葬場探索を行っていたでしょうね。

Re: おはようございます

>仙台人さん

更新されていませんでしたね~。
早いもので、あれからもう2年経ったんですねー。

あの更新の時に知られたんですか!
あの更新がなかったら、今でもご存知なかったかもという
ことなんでしょうか?
それは、タイミングが良かったですね~。

仙台?にも火葬場は沢山残っているんじゃないでしょうか?
探索している方は、どこの県にもいそうですけど。
仙台人さんが、中国先生のような存在になられたらいいですね!

おはようございます

火葬場にまったく興味がなかったのですが、たまたま昔のホーロー看板か何かを検索してたら「カクイワタ」で中国先生のブログがヒットしまして。
それで幼い頃に見た記憶のある「キャンプファイヤーのカマドにしては随分と変わった形の連が構造物」を中国先生のブログで見て「なんじゃこりゃ?」と貪るように読んだのが、ハマった切っ掛けです。
いわゆる「忌避施設」ですので、写真も何も殆ど残らず古い火葬場は解体されて過去に埋もれて消えていく、というのが儚くも惜しいと思った次第です。

いろいろと調べてみたら、広島が火葬場数で突出してるようで集落付属の共同墓地毎に簡易火葬場があったようですね。
その背景には「浄土宗系仏教」があったようで、明治以前のかなり古い時代から火葬技術を持つ僧侶が村人に伝授して広めたからに思います。

恐らくは広島に居た僧侶たちが特に熱心に広めたのでは、と推測します。
特に「エミネンザ墓地火葬場」(山王地区墓地火葬場)が特筆に値します。
溝掘り式無蓋の火葬炉なのに、木造建物。
崖に付随するように石垣の基礎を1m以上に高く組み、その上に木造建家を組み、防火のために土を厚く塗る。
随所に創意工夫が見られます。

こういうものを短文と、数少ない画像で確実に読み手に伝える中国先生の手法に並ならぬものを感じました。
そして飄々としつつもシャイな人柄をも感じさせる。

極めて珍しいブログですね、類を見ません。

仙台は浄土宗系の仏教は少数派で、禅宗の曹洞宗が殆どなので、だからでしょうか明治以前から土葬が殆どだったようです。
仙台平野や盆地といった開けた土地が多いのも理由かも知れません。
仙台市内に関しては明治に入ってから火葬が主流になったようです。

それでいろいろと調べましたが、中国先生のブログに出てくるような火葬場は仙台(=宮城県)には現存しないようです。
仙台駅東口徒歩15分くらいの連坊〜新寺地区に昭和30年代後半まで自治火葬場、後は明治時代のコレラ流行による伝染病対策で作られた隔離病院に併設された火葬場が複数あったようですが、何れも跡形がありません。

(石碑が残るところが1箇所、前述自治火葬場は公園、後は公的施設やシレッとマンションなど住宅地になってます)

すいません、長文になっちゃいました(^ω^;);););)


PS
因みに私はRZ乗りでした。
今はGB400です。

Re: おはようございます

>仙台人さん

そうなんですか~!
広島は火葬場が多いんですねー、知りませんでした。

宗派も関係していたかもということなんですね。
私の実家の地域は浄土真宗で、そういえば歩いていける距離で
火葬場跡が2か所ありますからね~。
私が以前、広島に火葬場が多く残る理由は、原爆の影響があったから(だったかな)
というのも聞いた事あります。

そうですか、仙台と広島では違うのですね。
勉強になりました。
ありがとうございます。

GB400、イイですね!
ノーマルで絵になるといいますか。
つい4気筒に行ってしまいましたが、単気筒では1番カッコイイと思います。
AD




AD


欲しいものがきっと見つかる






Profile

波照間島にて

Author:ど僕
74年製の小排気量のポンコツです。
どうぞ宜しく。

■ Blog Ranking ■
Categories
Recent Entries
Links
Recent Comments
Calendar
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Monthly Archives
Visited
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。