AD





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんな大好き土佐清水。⑥~白山洞門~

ど僕です。

足摺岬灯台を見て、白山洞門を目指します。

その途中で足摺岬の七不思議が楽しめましたよ。
その中の一つ、亀石。
MG2223.jpg
土佐清水市の観光サイトによると
『この亀石は自然石で、弘法大師が亀の背中に乗って
 燈台の前の海にある不動岩に渡った亀呼場の方向に向かってあります。』
とのこと。
いや~、これが手を加えておらず自然のままの姿なら亀さんですね!

説明の亀呼場も、七不思議の一つで私も行ったのですが
私と入れ替わりに来た、40半ば位の品のありげなおばさんんが
「亀さーん。」と呼んでます。
普通ならちょっと人もいるし(私ですけど)声を出して呼ぶのは
恥ずかしいナと思う方もいるでしょうが、この方はお一人さんなのに
普通に呼ぶのが、なんだかキュンとしてしまいます。
まあ、読んでも亀さんは来ませんが、その方・・・
来ないので「亀さーん」とちょっと声を張り呼ぶのです。
でも、読んでもまだ来ないので私の立ち去った後ろで
大声で「亀さーん?」と、なんで来てきれないの?的
疑問を抱いたイントネーションで呼ぶのが、ちょっと怖くなってきましたヨ。




白山洞門手前に白山神社の鳥居
MG2218.jpg
灯台からここまでの道のりが、運動不足の私に結構しんどい。
途中すれ違うヤングファミリーの奥様がゼエゼエ言ってるし・・。

なので、鳥居をくぐり先に行きたいですが危ないらしく
ここでお参り。



そして白山洞門
MG2219.jpg


逆光なので、ちょっとズレてみる。
MG2222.jpg



足摺岬の西方にある。
花崗岩で形成された岩盤が波の浸食により洞門となった。
足摺岬周辺には海蝕洞が数多く見られるが白山洞門が最大規模である。
高さ16m、幅17mで花崗岩の海蝕洞では日本一の規模であるとされる。
昭和28年(1953年)1月16日に高知県の天然記念物に指定された。
                                
                                 ウィキより


この洞門も、写真でしかみたことなかったので
「来てよかった~。ちょっとしんどかったけど。」としばし眺めるのですが
それよりも、この場所の空気がちょっと違うなと。
なんだか神聖な場所のような気がします。
浜には手ごろなサイズの楕円形な石が転がっているので
磐笛に丁度イイなと。
ちょっと、持ち帰って穴を開けてみようかなと思ったのですが
私のような人間が勝手に持ち帰り、そのようなものを作ると
逆に罰があたりそうで、やめました。


白山洞門は、『白山洞門展望万次郎足湯』から眺めれるとのこと。
高齢になると、ここまで歩くのがしんどいのでそこからの方が良いでしょうね。
嫁と来ることがあれば、「近いヨ。」なんて嘘をついてここまで連れてくると
かなりネチネチ怒られそうなので、足湯からにしておきます。
でも、やっぱりこの浜まで降りて景色と空気を同時に味わった方がいいですね。


コメントの投稿

非公開コメント

AD




AD


欲しいものがきっと見つかる






Profile

波照間島にて

Author:ど僕
74年製の小排気量のポンコツです。
どうぞ宜しく。

■ Blog Ranking ■
Categories
Recent Entries
Links
Recent Comments
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Monthly Archives
Visited
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。