AD





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身近な自然信仰①

ど僕です。

大都会海田町の奥に総合公園あり。
その少し下には、今は若干?廃れていますがキャンプ場があるのです。

海田出身の私は、小学校の時は遠足やキャンプや
子供会でよく来ておりまして。
今は、その小学校も遠足は総合公園となり
キャンプもなくなったとのこと・・。

せっかくキャンプ場があるのですから、もっと子供に活用してもらいたいと
思いますが、学校からしたら面倒なのか、ゆとり教育の延長で
時間が無くなったのか・・。


そんなキャンプ場の中で一番上の広場がありまして
その広場へ通じる道は、キャンプ場入り口とは別にもあり。

で、つい先日そのルートをバイクで夕方来た時に
子供の頃には気が付かなかった、鳥居があるのです!

我が家は浄土真宗安芸門徒ですが、「君は何を信仰しているんだね?」と
尋ねられると、ここ最近は『神道』と答える事にしている私は
鳥居にとても反応してしまうのです。


※神道(しんとう)は、日本の宗教。 山や川などの自然や自然現象
 また神話に残る祖霊たる神、怨念を残して死んだ者などを敬い、
 それらに八百万の神を見いだす多神教。
 自然と神とは一体的に認識され、神と人間とを取り結ぶ具体的作法が祭祀であり
 その祭祀を行う場所が神社であり、聖域とされた。
                                  ウィキより

だって、その鳥居の横の石碑には
自然信仰と刻まれており、私はその文字を見たことが
今までなかったのです。

気になってしかたないのですが、もう夕方で暗くなってきていたので
また明るい時に来ることにしますヨ。


                              つづくし。


コメントの投稿

非公開コメント

うちの母方の祖母(と、言っても、同じ地区内なのですが)の家の裏も地元の氏神様で、入口に石碑と鳥居があります。

小さい頃からいつも遊んでましたが、何が書かれてたか覚えてないですね(^-^;

さっそく、こちらも調べてみたいです

Re: タイトルなし

>ウルトラマンボーイさん

神社の敷地は、遊び場ですよね~。^^
というか、私の通っていた保育所は神社だったので
園庭みたいなもので、建物の下に入ったりで
今から考えると罰があたりそうな感じです。w

僕も同じです。
裏が神社だったので、従兄弟達が来るといつもここで遊んでました

境内の下に潜って、アリ地獄を探したり

その頃のバチが当たって、今はこんなに貧乏生活を送っているのかも(^-^;

氏神様に改めて御詣りしなくては(^-^;

Re: タイトルなし

>ウルトラマンボーイさん

いや、やはりあれですよ。
神様は騒がしいのが好きなんですよ。
たぶん。
実は、昨日とても近くの手入れされていなかった
存在さえも子供の頃は知らなかった神社に行ったのですが
最近、整備され神社も敷地内もとても綺麗になったんですよ。
なんだか、今まで神様はいない感じでしたが
現在は神様が戻ってこられたという感じがしてなりませんでした。
その光景を見て神様は人が集う場所を好まれるんだろうなと。
なので、良いことありますヨ。^^

>「君は何を信仰しているんだね?」

この質問は海外に行った時、よく質問されます。
日本人は何でも取り入れるのが上手いから、七福神だって神仏混合になっていたり、宗教観が多様なのです。
そもそも八百万の神だって当てはめる英語が無いのです。
私、外国の方に懇々と説明していますよ。
神様は万物に宿ると話しても分かってもらえないから、困ったものです・・・

Re: タイトルなし

>名無しさん

七福神の神仏混合は、実は私は最近知りました。
それは日本の文化と考えれば、それはそれで納得なのです。
八百万の神はウィキで「自然のもの全てには神が宿っていることが、
八百万の神の考え方であり、欧米の辞書にはShintoとして紹介されている」
と書かれていました。w
これは、伝わっているんですかね。(笑)

私は実家が浄土真宗なのですが、昔から仏像は美しいと思いますし
お経を聞くと心和むのですが、それは信仰しているのかと問われれば
生活に根付いたのもので、信仰とは違うんじゃないかと・・・。
今年ある方にお会いして、そう思うようになったんですけどね。^^

日本人は針供養したり人形供養したり、万物に魂を感じる民族です。
私の繋がりの中で、欧米人は必ず宗教を質問してきますが、キリスト教の様に一神教崇拝ではない日本の事がなかなか理解できないのです。
韓国の人にも伝わりません。
ましてや中国人の翻訳家を神社に案内した時には、だんだんと激高してきたので、懇々と文化の違いを説明したこともあります。

自然は時として災害も起こりますが、人間の手で修復しなくとも、時間が経てば必ずそこに自然が蘇ります。
そこに偉大な力を感じる感性が日本人です。
調和を美しいと感じるからです。
だから神仏混合の七福神だって、違和感なく拝むことが出来るのです。

我が家も浄土真宗です。
このあたり特に神社にうるさくて、迷信だとお坊さんは話します。
大東亜戦争で負けるまでは浄土真宗は真逆の事を教えていたのに、負けたとたんに教えが変わるのっておかしいですよね。

お寺とは波風立てぬように付き合っていますが、私の心の底でお寺は弔う場所になっていて、信仰では無い・・・
特に真宗、浄土真宗は教えが哲学的で、なんかおかしいと感じます。

ある方、私でしょうか?www

Re: タイトルなし

>名無しさん

名無しさんのご説明は、分かりやすいですね~。
私が上手く言えない事を、説明してくださったという思いですが
私が説明できないのは、フワッと思ってるだけで理解不足で
言葉が出てこないんですよね。
もう、読みながら「そうそう」という感じで気持ちよくなってしまいました。(笑)

お寺は小さい頃から、近いですし身近な存在ですがそれは言われるように
「弔う」時にしか付き合いはないです。
私も『信仰』ではありません。

ある方にお会いして、家の神棚に毎朝お参りするようになりました。
不思議と、気持ちが晴れ気分が良いです。
最後に磐笛を吹くと、何故か良いことありそうな気持ちになるのも不思議です。w

>最後に磐笛を吹くと、何故か良いことありそうな気持ちになるのも不思議です。

とても嬉しいです。
神向きになれば神様だって放っていませんよ!
不思議の追求はしませんが、心はお天道様を向いていたいと思います。

Re: タイトルなし

>名無しさん

いやー、そういうことなんですよね。
神様は、放っておかないですよねー。^^

不思議というのは、思った以上にといますか驚くほどにといいますか・・。
確実に心はお天道様を向いていたいと思っております。

キリスト教などの一神教はヨーロッパで発生した物では無い事はご存知ですよね。中東からキリスト教が伝わる前のヨーロッパはすべての物に神が宿る自然崇拝宗教でした。だから欧米人もすべての物に神が宿るという考えは理解しています。
西洋人は一神教だからすべての物に神が宿るという考えは理解出来ないなどと言うのは日本人だけが信じている迷信です。

Re: タイトルなし

>わたしさん

ああ、そうなんですね!
私は無知なので・・・。
嫁に、わたしさんからのコメントの文面を読むと
「そうよ。アニミズムという言葉もあるじゃん。」
と言われてしまいました。
高校の倫理で習ったでしょと言われ、私は習った記憶がございません。w
AD




AD


欲しいものがきっと見つかる






Profile

波照間島にて

Author:ど僕
74年製の小排気量のポンコツです。
どうぞ宜しく。

■ Blog Ranking ■
Categories
Recent Entries
Links
Recent Comments
Calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Monthly Archives
Visited
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。