fc2ブログ

ナイスど僕。

Nice du beaucoup

仏像が欲しくなる年頃。①

ど僕です。

いや~、仏像ってカッコイイですよね。

いろんな役割の?、いろんな姿をされた仏像は
万人の心を鷲掴みし、信仰を超え
そして美術品としての鑑賞を超え
コレクター的物欲により集めたくなる方って
沢山おられると思うんですよね。


ここ数か月、嫁が宮島に不動明王を見に行きたいと。
嫁の干支も生まれ月も御守本尊が不動明王らしいので、好きらしいのです。

私は、そんなのがあるとも知りませんでしたが
見てみると生まれ月で大日如来で、干支だと虚空蔵菩薩とのこと・・。
どちらですか?
どちらでも、好きなほうでいいのかな。
と、いろいろ検索してると干支で説明されてるので干支なんでしょうね。


ああ、仏師が彫られた、木造の仏像が欲しい・・。
それも、一通り揃えたい。
何体か分かりませんが。
凄い金額になるでしょうね~。


コメント

ガンダムを、それぞれの仏像の特徴を真似て改造して我慢しましょう。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

私の親類に彫刻の専門家がいます。
休みになると京都や奈良のお寺を回り、仏像を丹念に観察してます。
元々金属の彫金に携わってましたが、仏像も趣味で沢山彫ってますよ!
http://www.miraisoso.net/user_data/litefollow.php
我が家にも何体かの仏像や達磨大志などが置いてあります。

仏像コレクターは、みうらじゅん氏ですね。
彼の仏像への思いはロボットやヒーローと同じ見方で楽しいです。

私も仏具屋で仏像を見たときに欲しくなった事があります。しかし母に粗末に扱うとバチが当たると言われ怖くなってやめました(^^ゞ
あの造形は魅力ありますよね。

Re: タイトルなし

>わたしさん

それは、実行したら有名人になりそうですね!

あんまり欲しがると奥様に言われませんかね。
「ぶつぞう」とか・・・^^;

Re: タイトルなし

>名無しさん

私は、仏像は信仰の対象ではなく美術品としての
美しさと奇抜さですね~。
カッコイイし、発想が凡人にはできません。(笑)

HP拝見しました。
遺骨ペンダントが驚きました!
祖母を亡くした時に、火葬場で小さな遺骨を持って帰ろうと思い
一応施設の方に尋ねると、「喪主の方に聞いてください。」とのことで
孫で直系でもないので聞きづらく、諦めました。
もし、持ってかえることができたらお守り代わりに
ペンダント等にしたかったなと・・。
あの、ブレスレットはこの方だったんですね~。

Re: タイトルなし

>じぇいるさん

いや~、粗末には扱わないですよねー。
でも、本当に粗末に扱うとバチがあたるかもしれませんね~。
見に行ったのですが、美して欲しくなっちゃいました。^^

簡単な指導ならできますよ

Re: タイトルなし

>ふぃーゆパパさん

上手いですね!w
木久扇さんが浮かんでしまいました。ww
イメージでは、ふぃーゆパパさんは仏像に興味がなさそうですよねー。

Re: タイトルなし

>Tさん

おおっ、そうなんですかー!
じゃ、教えてもらおうかな。
有料ですか?(笑)

ふふ 日頃お世話になってるど僕さんからお金もらえるわけないでしょう

Re: タイトルなし

>Tさん

それじゃ、一緒に彫ってもらえますか。(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

Profile

波照間島にて

Author:ど僕
74年製の小排気量のポンコツです。
どうぞよろしく。

■ Blog Ranking ■

Links

Categories

奇跡の鍵コメ。 (76)
バイク (137)
ZR-7 (57)
SRV250 (237)
カブ・シャリー (91)
車 (117)
BUBU505c (37)
旅行・おでかけ (317)
出来事 (228)
独り言 (263)
自転車 (125)
サイクリング (22)
ママチャリ改造 (31)
ダイエット・健康 (114)
病院へ行きたい。 (14)
キャンプ (11)
物欲 (178)
家族 (200)
グルメ (321)
家 (90)
ペット&観葉植物 (34)
友人 (122)
映画・音楽・TV・本等 (166)
投資 (39)
神社 (10)
THE ワールド (10)
未分類 (231)

Recent Entries

Recent Comments

Calendar

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly Archives

Visited

designed by たけやん