AD





『原爆と戦争展』に行って来た。③

ど僕です。

原爆投下時の話を、語り部の方かからお聞きした後、
また途中だったパネル展示を見て回ります。

ちなみにこの時点で会場入り1時間半位。
そして見たパネルはまだ半分・・・。

途中、席がありアンケート用紙に記入。
この展示を見ての感想です。
書いていると、
「随分、熱心に見られてましたし
 沢山感想を書いて頂いてますね。」
とスタッフの方から声をかけられます・・。

珍しいんでしょうね1時間以上見ている方は。

そのスタッフの方は60代半ば位で
「ちょっといいですかね。」と席につき
「憲法9条改正についてどう思われますかね?」と質問されてきます。
賛成か反対かは言わず、「いつか日本も徴兵制になるかもしれませんね。」
と答えまして。
ここで「賛成ですよ。」なんて発言は空気を読んでませんよね。
スタッフの方も「そうなんですよ。このままいくと、可能性はあります。」
とのこと。
もちろん、スタッフの方は「絶対に駄目」という考えでありまして。

この方は、戦争体験者から沢山のお話を聞かれているようで
私から質問です。
「強制的な従軍慰安婦は、本当にあったんですかね?」と。

答えは「ありました。」でした。

これも聞かれた話で、あったとのことです。
「あのような状態で、ない訳がありません」と。

私は、その地域にて募集をかけ報酬と交換で
そういう方々が存在したと思っているのですが。
それか、その国の民間業者に任せていたと。

でも、冷静に考えれば戦時中といっても
落ち着いた時期ならそういう施設を計画的に作ることもできたかもしれませんが
そうでない時期には、いろんな物が不足する中
民家を襲えば食料や女性が手に入るのであれば
そうしていたのかもしれないなと。
そういった状態の場合は「オマエだとどうなんだ?」と問われれば
間違いなく私もその中の一人です。

が、それは日本だけの話じゃないと思われますし
基本は、植民地・占領地にて管理された慰安所だったと今も思ってますけど。
慰安婦は報酬を得ての。




が、まあこれは、日本人としてそうあってほしいという私の気持ちであり
本当のところは、どうだったのかは私には分かりません。


                                    つづくし

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
憲法9条を改正したい政治家やその支持者の皆さんは
米軍の下請けで自分や子供が日本とは関係のない
戦場へ行く覚悟があるのでしょうね。
原発や在日米軍基地は必要だけど
自分の住む街にはいらないと同じ感覚では困りますね。

ど僕さんはシリーズものがお上手ですよね。
私はせっかちなので,いっぺんに全部書いてしまわないと気がすまず,シリーズものは書けません(笑)

そうですよね

色んな話を聞きますが、真実は実際に体験された方の話を聞かないと分からないですもんね

ど僕さんが言われた徴兵制、今の日本だと何が起こるか分かりませんね

勝手に憲法を変えてみたり、もし戦争になり、人集めが必要なら、この憲法を変えた自○党の人間、ならびにこの家族が先ずは出向くべきでしょう!

こうやって憲法を変える事に国民の是非を問わないで取り決めるって事も、僕はかなりの問題点だと思いますよ

中国先生のブログにはコメントした事があるのですが、こちらには初めてコメントさせて頂きます。

こちらのブログは毎日のように訪問して拝読しています。
今までコメントした事、無かったのですが、今日は慰安婦問題や憲法9条改正について、ど僕さんが私と同じような考えをお持ちの事に感激したので書かさせてもらいました。

戦争は良くないことなど、誰でも思うのでしょうが、無かったことを「あった」と言ったり、平和を連呼するあまり周辺国に対して、日本はあまりにも無防備になりすぎました。

ここは中国や韓国じゃありません。
日本人の愛国心を低下させるような運動は許されるべきものではないのです。

以前に中国先生のブログにコメントした時に、広島ブログランキングの上位3位以内に居る某〇〇〇〇子の名前を書いていたら、中国先生に速攻で消されましたけど、中国先生も私やど僕さんと同じ考えを持たれており、お詫びコメントを貰ったのが懐かしく思い出されます。

ど僕さんも中国先生のように、言いたいことをハッキリ言える姿勢が素敵です!

Re: タイトルなし

>ライダー様

政治家さんは、自身の一族は戦場へ行かなくてもいいように
考えられるんじゃないですかね、頭がいいので。
同じ感覚なんでしょうね~。
例えがイイですね。^^

Re: タイトルなし

>ふぃーゆパパさん

あれですよ。
世界中の合言葉、モッタイナイですよ。(笑)
1話で終わらすのは。w
でも、面白くないのは自覚しているので勘弁してください。www

Re: タイトルなし

>ウルトラマンボーイさん

実際に体験された方同士の違う意見を聞いてみたいですし
朝まで生テレビ風の討論して頂きたいです。
長時間は厳しいでしょうね。

そうですね、国民が選ばれた方といっても
決まった内容は、投票したような国民の意見にはならないんでしょうね。

Re: タイトルなし

>名無しさん

中国先生のところからいらしてくださった方とは
まだおられたんですね!
とても嬉しいです。
あと、毎日のようにだなんて、ありがとうございます。^^

韓国大好きな方は、考えも韓国よりになるんですかね~。
以前、従軍慰安婦をやっていたという韓国の女性が
わざわざ日本に来て、自称を証明された件がありましたが
あれは恥かしくないんですかね~。
韓国の家族が恥をかき可哀想ですが、まあ家族も出稼ぎに行って来いと
送り出したのならしかたありません。

あー、中国先生にコメントされたその記事は分かりませんが
読んでみたいですねー。^^

私は、言いたいことをハッキリ言ってないんです。
波風立たぬようフワッとした言い方をしているんですよ。
私は弱い人間なので・・・。(笑)

>中国先生のところからいらしてくださった方とは
>まだおられたんですね!

中国先生が亡くなられてからも、ブログランキングでは150位~180位を保ってますでしょ。
私はほぼ毎日、お線香代わりにポチっと押してますから。
それでランキングの場所から、仲が良かったど僕さんのブログにやってくるのです。
私は中国先生のブログが好きですが、廃墟や探検でない中国先生の素の部分に惹かれているのですよ。

ど僕さんが病室で写された中国先生のお写真、私のPCに大切に保管しております。
実際にお会いすることもなく逝ってしまわれて残念ですが、ど僕さんのお墓参りの記事など読むと一緒にお詣りさせてもらってるような感覚にもなるのです。

中国先生もハッキリ言ってるようで、ハッキリ言ってない。w
そんな風に思えたのですが、某〇〇〇〇子の話題をふった時の中国先生のコメントが凄かったです。
ここにはおま〇こだって、ち〇ぽだって書いていいけど、実名は困るみたいな…でいて実際には某〇〇〇〇子の事はよく思われていないようで、お詫びコメントが可愛らしかったのですよ。

広島は被爆地という土地柄から、平和教育も他所からみると「?」って感じもありますけど、無い事まであったと言う戦後生まれの輩の言う事は信用できません。
私は靖国神社に行って、手紙やら読んでますと泣けて仕方がないのですよ。
後世に文句を言われるために戦って死んだわけじゃないですから。

またコメントさせてくださいな!
書いて良かった!

Re: タイトルなし

>名無しさん

中国先生のブログランキングは、ホントそこそこの順位を保ってますね!
名無しさんも押されていたんですね~。
私は押していないのですが・・。w

私も、ブログにも書きましたし中国先生にも伝えたのですが
廃墟系が好きではないんですよ。
お人柄なのです。
逆に中国先生から廃墟の場所等を教えてもらうのですが
断ったり、聞きながしていましたから。

あの写真は、一緒に写っている友人の方から頂きました。
私も中国先生と2人で一緒に写真を撮りたかったのですが
それは言えませんでした。
なにか、それを言ってしまうとブロ友で終わってしまう気がしまして・・。
ちょっと上手く言えませんが、何か軽い気がしたんです。


あー、そのコメントは私も見たことあるような気がします。
お詫びコメントなんてあったんですね~!
私をおちょくるのに「どうもみよこです。」とか書かれてましたが。(笑)
実は私も、ここでは書けない(といってもたいしたことありませんが)
エピソードがあるんですよ。
今度、お会いできることがあればお話しします。ww

本当に、事実を知らない戦後生まれの方が
吠えるのは勘弁してほしいです。
あなたが、「読んだ」「聞いた」話は本当ですかと問いたい。
私も靖国神社に行きたいですねー。
行ったことがないのです。

コメント、ありがとうございました。


AD




AD


欲しいものがきっと見つかる






Profile

波照間島にて

Author:ど僕
74年製の小排気量のポンコツです。
どうぞ宜しく。

■ Blog Ranking ■
Categories
Recent Entries
Links
Recent Comments
Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Monthly Archives
Visited