AD





知らなかった四国遍路。

ど僕です。

1月9日の中○新聞。
たまに読む新聞ですが、興味深い記事がありまして。

『21世紀の空海』 
高村薫さんとういう方の記事で
「第9部 祈りのかたち 中編㊤」となっておりますが
今まで、1度も読んだことがありません・・・。

で、この度始めて読むと、なかなか面白くてですね。
まあ、内容は・・・興味があれば家にまだ新聞があれば読んでみて
もらえればと思います。
私なりに超短くした内容は
四国遍路は一般庶民には江戸時代から広まり、世界的にみても類をみない長さ。
そして四国霊場は他の巡礼地に比べ圧倒的に死のイメージが濃いというもの。 

で、この記事内で知らない事だらけというか
これから、その言葉の内容を掘り下げていきたいものがあるのです。

①補陀落渡海(ふだらくどかい)の壮絶な信仰
 
 知りたいですよね、どんな信仰だったのかを。
  補足として記載されているのですが、詳しく知りたい。


②少し前まで四国霊場は
  1 ハンセン病患者が物乞いをして歩く
  2 故郷を追われた障害者や犯罪者が生きるため
  の遍路道であった

 私が無知だから知らない話なんですかね。
 それとも、今となっては知らなくてよしとされる過去の話ということでしょうか。
 実に興味深い内容です。
 当時は両者とも、この情報を誰かからか聞き、四国霊場へと旅立ったのでしょうか・・。
 
ちょっと、いろんなドラマがありそうですね。

コメントの投稿

非公開コメント

それは全く知りませんでした。

徳?をもらう為に回るものだと思ってました

てか、それしかない物だと思ってましたよ(^-^;

うちは今、新聞を取ってないので、隣の母屋に行って、あれば読んでみたいですね(*^^*)

Re: タイトルなし

>ウルトラマンボーイさん

後世に伝えなくてもよい歴史なんですかね~。

母屋ですかー。^^
家族で同じ敷地に住むというのは、理想ですね。
AD




AD


欲しいものがきっと見つかる






Profile

波照間島にて

Author:ど僕
74年製の小排気量のポンコツです。
どうぞ宜しく。

■ Blog Ranking ■
Categories
Recent Entries
Links
Recent Comments
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Monthly Archives
Visited