AD





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしても行きたい場所がある23~美空ひばり遺影碑・歌碑~

ど僕です。

大杉から名残惜しいなと説明文をチラ見し
IMG1933.jpg


最後に八坂神社に手を合わせます。
IMG1934.jpg


大杉から人が流れる方へと、一緒に歩いて行きますと
賑わってる場所あり。
ふと、振り返ると、大杉が1枚で入りますのでパチリ。
IMG1935.jpg
が、幹が見えないな・・。


その、主にお年寄りで賑わう場所は
美空ひばりの遺影碑や歌碑が建立された公園のようでして。
IMG1936.jpg
歌碑にはボタンがあり、押すと曲が流れるようで
その曲を聞きながら、歌碑の前で記念撮影しご満悦のお年寄りの方々。


敗戦直後の混乱期に9歳でデビューした美空ひばりさんは、
昭和22年まだ美空和枝という芸名で地方巡業をしている途中、
大豊町でバス事故に遭遇し九死に一生を得ました。
そして、一ヶ月半の療養後、町内にある国の特別天然記念物「杉の大杉」に
「日本一の歌手になれるように・・・」と願をかけました。

帰京後、芸名を美空ひばりと改名し、
文字通り日本一のスターへの道を歩んだひばりさんは、
14歳の時に当時お世話になった方々への挨拶をかねて大豊町を訪れ、
日本一の誓いも新たに「杉の大杉」に参拝したのです。

その後、昭和歌謡史に大きな足跡を残したひばりさんは
平成元年、日本中のファンに惜しまれながらこの世を去りました。
大豊町では、美空ひばりさんゆかりの地として、その業績を称え
いつまでも人々の胸に残るようにと、ファンやプロダクション、レコード会社など
数多くの関係者の全面的なご理解とご協力を得て、
平成5年5月に杉の大杉のすぐ隣に「大杉の苑」を整備し、遺影碑と歌碑を建立しました。

                                 大豊町ウェブサイトより

ふ~ん。



午前10時30分、近所の食堂に移動。
お昼はここと決めていまして。
『ひばり食堂』
IMG1937.jpg
「デカ盛りの聖地」と噂されるほどの有名店らしいのです。

デカ盛りは、あんましどうでもいいですが、まあ話の種として
食堂の一番人気「カツ丼」を食べようかなと。

大人気のお店のようで、勝手に11時から開くだろうと
30分前からお店の前で待っていますと
中から店員さんが出てこられ「開店は11時30分からですよ。」と・・・。
1時間、外で待つ気はないので去ります。
非常に残念。
今から考えれば、もう2度と来ないかもしれないので待ってれば良かったかな。



コメントの投稿

非公開コメント

ただ立ち寄ったとかと言う話しでは、無かったんですね(*^^*)

こんなストーリーがあったとは…

やっぱり、この大杉の力でしょうね

ど僕さんもしっかり願をかけて来られましたか?

Re: タイトルなし

>ウルトラマンボーイさん

私は「へ~、そうなんですね。」という感じですが
町としては、観光の一つとして盛り上げたい話なんでしょうねー。

あ、感動ばかりで願はかけてなかったです。(笑)
AD




AD


欲しいものがきっと見つかる






Profile

波照間島にて

Author:ど僕
74年製の小排気量のポンコツです。
どうぞ宜しく。

■ Blog Ranking ■
Categories
Recent Entries
Links
Recent Comments
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Monthly Archives
Visited
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。