AD





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国新聞にて気になった本。

ど僕です。

昨日の中国新聞にて気になる本が紹介されていた。

コチラ

どうもここ数年、終戦前後の日本兵の記録を知りたいのです。

新聞を開くと、
『スパイだった父 苦難の人生記す』
『敗戦後も中国に潜伏 拘禁され拷問』 
『「獄中記録」基に』

等の大きな活字で興味を引くのです。

第2次世界大戦中に日本軍のスパイとして中国で活動し
敗戦後も13年間潜伏して任務を続けた元日本兵がいた。
と紹介記事は始まっている。

フムフム、そそられますね。


で、この本はその元日本兵の次男さんが書かれているとのこと。
現在、元日本兵であるお父さんは病院で寝たきりの状態。
過酷な拘禁による後遺症などが原因で、言葉を発することもできない。
とのこと・・。
ちなみに御年99歳。
ご長寿です。


書かれている経緯の年をまとめますと・・・

22歳で浜田歩兵隊21連隊に入り、中国へ。
その後、憲兵志願試験に合格

1940年 極秘任務を受けて軍服を脱ぎ、現地の商人になりすます。
       指示通りに中国人女性と結婚
       情報収集のほか、通貨偽装で現地の貨幣相場を混乱させる役割を担う

1943年 戦局が悪化する中、敗戦となっても潜伏を続けられるよう
      電気関係の技能を取得

・・・・終戦2年前のこの時、既に敗戦となると予測されていたんですね・・。
   敗戦後も潜伏維持という任務を続けるとういう指示を受けることも予測?


終戦直後 捕虜となった上官の拘束場所に忍び込み
       「上海で任務続行せよ」との命令を受ける


・・・・この上官は、その上からの指示を受けていたんですかね。
   終戦直後のドラマや映画の場面等でありがちなシーンですが
   終戦後の任務を続けた場合の得た情報の伝達方法はどうなっていたのか気になります。
   この忍び込み話が事実かどうかは置いといて、上官を助けることはできたのか?


1949年 中華人民共和国が成立
       反政府勢力への弾圧が厳しさを増す

1958年 ついに、中国当局に逮捕


・・・・終戦から13年。
   実は、この方中国人として生きていかれる中で
   反政府勢力の一員となり活動されていたのか?
   と思ってしまいました。
   これは、本を読んで真意を確かめないと分かりませんネ。


「一週間、厳しい拷問を受けた。」
そう息子さんに明かした。
戦時中のスパイ容疑は認めたが、戦後のスパイ容疑は一貫して
否定したためだった。


・・・・・戦時中のスパイ容疑は認めたのは、既に戦後13年経っているからでしょうか。
    戦後のスパイ容疑は否定とありますが、本当は反政府勢力としての
    活動をしていたからでは?と私は思ってしまいます。
    そして、潜伏し得た情報は、日本に送れていたのか?
    これは、本を読んで真意を確かめないと分かりませんネ。


残された家族も差別と貧しさを強いられる。
容疑を認めると寛大な扱いを受けられるとの言葉にも完全黙秘。
「死んでも国に汚名を着させてはならないとの信念があったのではないか。」
と次男さんは当時の父の心境を推し量る。


・・・・まあ、これは息子さんの想像ですから。


1978年 日中平和友好条約締結に伴う特赦を受け帰郷。
       だが、戦後に何者かが軍人恩給を虚偽申請し横領。
       そのため本来の支給額を大きく下回り、一家は困窮。
       度重なる国への見直し要求は、いまだに認められていない。
       「国に尽くした人間に対するこんな粗末な扱いがあるのか?
        国の豹変しに失望した。」
       父の無念を思い、次男さんは目を潤ませた。


・・・・本当に尽くしていたのか?
   といのは、これは本を読んで真意を確かめないと分かりませんネ。
   

寝起きの眠気眼で読んでいた私は、新手の軍人恩給詐欺かと
思ってしまいまいたから。
限られた枠内にて記者さんが書かれた、抜粋説明のみだと
突っ込み所が多すぎて疑似視してしまいました。
そんな訳ないですよね。
頭がやっと目覚めてくると、考えも変わりますヨ。
日本の為に、戦後も危険を冒し潜伏し情報取集していた凄い方ですよ。
ちなみに戦時中は、軍人給与があったらしいですが終戦からは無給で
働いていたということですかね?
凄いです、お国の為に尽くした人間に対する対応とは思えませんネ。
この本を読まれた方の感想を是非聞いてみたい。

   
平和の大切さ、尊さを感じることができそうです。


コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
敗戦後も諜報活動を続けていたとは興味深い内容ですね。
大田少尉が沖縄県民はよく戦ってくれたので後に
特別の配慮をしてあげて欲しいと最後の電報を
打ったのに今の日本政府の沖縄に対する仕打ちは
酷いと思います。

Re: タイトルなし

>ライダー様

興味深いですよね!^^
それにしても、ライダー様はホント色んな事をご存知ですね!!
今度、お邪魔したいのですがどうにかなりませんかね?
↑スイマセン、しつこいですね。(笑)
AD




AD


欲しいものがきっと見つかる






Profile

波照間島にて

Author:ど僕
74年製の小排気量のポンコツです。
どうぞ宜しく。

■ Blog Ranking ■
Categories
Recent Entries
Links
Recent Comments
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Monthly Archives
Visited
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。