AD





僕の台湾旅行。⑤

ど僕です。

どしゃぶりの阿里山に到着後、宿を探します。

観光地ですので、あまり安い宿は無かった記憶があるのですが
選んだのはドミトリーのある大きなホテル。
安くいろいろ楽しみたい為、お金を使わない旅を
心がけ節約しておりました。


チェックイン時に、フロントにて「ドミトリーは2名おられますよ。」と言われ
案内された4人部屋の部屋に入ってみますと、男女1名づつおられまして。

その2人はヨーロッパの聞いたことがあるようなないような国の方で
世界一周旅行中のバックパッカーの若いカップルでして。
美男美女で女性の靴下は穴が開いていたのですが、
それがなんだか自然でお洒落。

オーバーアクションで歓迎され、自己紹介。
が、英語の全く話せない私は「国と名前と年齢」を伝えた後
英語は話せないよと笑顔で終始対応。

「美味しいお茶の葉を買ったから。」とお茶を入れてくれ
「最初に煮出したのをどうぞ。」とお茶を私にご馳走してくれる
そのカップル・・・。
この時は、「あー、英語をもっと勉強しとけば良かった。」
とバスのチケットを買えなかった時より後悔です。
ビスケットもご馳走してくれ、節約して旅を楽しんでいるのに
私のような話せなくコミュニケーションの取れない者に対しも
優しくしてくれるバックパッカーカップル。
なんだか嬉しくて涙が出そうになりましたヨ。

その後、2人はイチャツキ始めたので、
「あー、この部屋は居にくいな。邪魔したら悪いな。」
とちょっと居心地が悪くなってきたんで、
「ちょっと出てきます。」と部屋を出る私。


雨の為、早い時間にチェックインしたので時間があり
ロビーにてソファで本を結構長い時間読んでおりまして。

すると、このホテルのオーナーの方が
「日本の方ですか?」と日本語で話しかけてこられ

オーナー 「私の息子は横浜の大学に行き、現在も日本で働いているんですよ。」

と。
息子さんが、日本てとても良くしてもらっているようで
オーナーの方も日本が好きとのこと。
どの部屋に泊まっているのですか?と聞かれ
ドミトリーと答えると、それは落ち着かないでしょうと
ナナント、「同じ料金でシングルの部屋を準備しあげます。」
とフロントに行かれるオーナーさん。

そして、戻ってこられ
「シングルで窓も無い一番安い部屋ですが、ドミトリーよりは
 ゆっくり休むことができますよ。」
と鍵をくれるのです!

もう、感謝感激です。
オモイッキシ貧乏臭い格好をしている私に
こんなに優しくしてくれる不思議。
が、感謝の気持ちを伝え、有難く鍵を受け取るのでした。


                          つづくし。

コメントの投稿

非公開コメント

展開が楽しみです(^^)鍵を開けた扉の先に私の目に飛び込んできたものは・・・!!!(驚)

以前何度か台湾行きましたが親日派が多く嫌な思いをしたことは殆ど無かったです
お部屋のチェンジ良かったですね それは 
カップルを思う存分いちゃつかせてあげようとしたど僕さんの配慮を神様は見逃さなかったんですね

Re: タイトルなし

>たこさん

いや~、たいした展開ではなく
なんだか申し訳ないです・・。(笑)

Re: タイトルなし

>Tさん

それは良かったですね~。

そうかもしれませんね。
あのカップルは、2人の時間をゆっくり楽しめたと思います。^^
AD




AD


欲しいものがきっと見つかる






Profile

波照間島にて

Author:ど僕
74年製の小排気量のポンコツです。
どうぞ宜しく。

■ Blog Ranking ■
Categories
Recent Entries
Links
Recent Comments
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Monthly Archives
Visited