AD





雷と次女。

どうも僕です。

先日は夕方から、雨が酷くなり雷もゴロゴロ。

次女(小1)は、「え?なにコノ音?雨??わぁ、カミナリも光よるヨ。」
と絵に描いたような女の子のように可愛く怯えてるんですよ。

更にこんなに雨が降っているのに、西の空が明るい黄土色?のような
なにか幻想的な色に。

私は「悪魔が降りてくるヨ。」というと
「えーーーー、嫌だーー。」と、更に可愛いく怯える次女。
まあ、そこまで怖がってはいないんですよ。


で、あまりにカミナリがゴロゴロ鳴るものですから
私も調子に乗り

私 「カミナリが○○ちゃん(次女)に落ちそうになったら
   お父さんが突き飛ばして助けてあげるけんね。
   でも、お父さんがカミナリに打たれて黒コゲになって死んじゃうけど・・。」

というと、

次女 「え~、嫌だ。
    お父さんが死ぬんなら助けてくれなくていい。
    ○○は死んでもいいよ。」

と、ちょっと涙を浮かべて言うんですよ。


・・・、どうですか?
この娘のセリフ。

私は、感激して泣きそうになりましたヨ! 
我子ながらどうして、こんないい子に育ったのか不思議です。

コメントの投稿

非公開コメント

とってもいい話ですね!

僕も読ませていただいてうるっときました(^^)

Re: タイトルなし

>ちりじゃ江藤さん

えへへ、ありがとうございます。^^
AD




AD


欲しいものがきっと見つかる






Profile

波照間島にて

Author:ど僕
74年製の小排気量のポンコツです。
どうぞ宜しく。

■ Blog Ranking ■
Categories
Recent Entries
Links
Recent Comments
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Monthly Archives
Visited