fc2ブログ

ナイスど僕。

Nice du beaucoup

『広島-陽のあたらない所-』の好きだった記事。

どうも僕です。

中国先生のブログの廃墟系で好きだった記事がありまして。
いろいろ想像膨らませる魅力があり、何かスッキリしない内容。
それは、日記のせいでしょう。


以前、中国先生に

私 「あの記事、私好きなんですよ。」

中国先生 「そうなんですか?あの場所は、とても話題になって
      どこだどこだって皆さんが探してるみたいだったんで
      消したんですよ。フフフ」

と。


その後も

私 「あの記事イイですよね~。」

中国先生 「あの場所教えますヨ。どこぞを上がって
      あそこを曲がって・・・」

と、場所の説明を始められる中国先生。
が、行く気の無い私は話を聞いてなかったんですけどね。


私が、あの記事で知りたかったのは

『実は、悪いとは思いつゝも居間に重ね置いてあった日記帳の一番上のを
 手にとって見てしまったからだ。
 女性の字だった。
 偶然にも家族が終焉を迎える経緯が綴られている最後の日記帳だった。
 やはり大変な不幸が襲ってきたらしく、持って行き場のないうらみ辛みごとや
 苦渋の決断を強いられている中で迷いに迷っている様子が書かれていた。
 無論このような現場で読破できるほど神経の太くないぼくは、
 ザッと目を通しただけで早々にこの場を立ち去るしかなかった。』

最後に綴られた日記を読まれたのなら
何が起こり、そして『これから』が書かれてあるのなら
写真の家族がどうなったかを、不謹慎ながら下衆な私は知りたいと思うのです。
が、何度かこの記事の話を私からするのですが
この日記に何が書かれていたか?ということは
聞いてはいけないことのようで、ずっと聞けなかったのです。


が、今年の春に私のリクエストで中国先生に
「怖い所に連れていってほしい」というと
竹原近辺へ行きましょうとドライブへ行ったのです。
その帰りの車中で我慢の限界がきてしまい

私 「あの記事の日記には何が書かれていたんですか?」

と遂に聞いてしまいまして。

中国先生 「もう覚えていないんですよ。」

と。

私 「・・・・。ああ、そうなんですか。」

記憶力の良い中国先生なので忘れる筈は無いと思うのですが
もしかしたら話したくない内容だったのかなと
思ったりしたのでした。




そして、最近ある写真も文もとても超魅力的な
ブログを発見!
くまおさんが記されいる『廃れゆく部屋』というブログでして。
行かれた先々にてセンスが感じられ、何か美しいのです。

その中で、この中国先生が行かれた物件を紹介されており
そこには、事実も記されておりまして。
あのご家族は今もご健在とのこと・・。
最悪の状況も想像していたので、本当に安心しました。




でも、まああれですよ。
中国先生の記事で大好きだったのは、やはり
私のことをおちょくってくださったものですね。





 | HOME | 

文字サイズの変更

Profile

波照間島にて

Author:ど僕
74年製の小排気量のポンコツです。
どうぞよろしく。

■ Blog Ranking ■

Links

Categories

奇跡の鍵コメ。 (76)
バイク (137)
ZR-7 (57)
SRV250 (237)
カブ・シャリー (91)
車 (117)
BUBU505c (37)
旅行・おでかけ (317)
出来事 (228)
独り言 (263)
自転車 (125)
サイクリング (22)
ママチャリ改造 (31)
ダイエット・健康 (114)
病院へ行きたい。 (14)
キャンプ (11)
物欲 (178)
家族 (200)
グルメ (321)
家 (90)
ペット&観葉植物 (34)
友人 (122)
映画・音楽・TV・本等 (166)
投資 (39)
神社 (10)
THE ワールド (10)
未分類 (231)

Recent Entries

Recent Comments

Calendar

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly Archives

Visited

designed by たけやん