fc2ブログ

ナイスど僕。

Nice du beaucoup

中国先生の病状は・・。

どうも僕です。

先日の8時55分、中国先生の親友の方から
電話を頂き、訃報を聞きました。



昨年より調子の悪かった中国先生

春頃だったか現在は記事を消されているようですが、ある場所に行き
バチがあったんだと、とても後悔されていました。
そして、「最近、調子が良くない。」と。
あの場所は、空気が全く違っていたんだと・・・。


夏には、あれだけ好きだったお酒が
あまり飲めないと。
一緒に夜、食事に行ったのですが
驚くほどアルコールも食事も食べれないようで
ご自身も「あれ?」という感じで・・。


秋には、お酒を飲むのを見るより
水を飲む姿を見るほうが多い。
そして、ある日遊びに行っていると
「今日は朝から胃が痛いんですよ。」と汗をかき苦しい表情。

その普通ではない様子に、
「救急車を呼びましょうか?」と言うのですが
「病院は大嫌いなので、昔から行かないんですよ。」と。
病院へ私が連れて行くと何度も言うのですが駄目で
私は急いで薬局に痛み止めを買いに走るのです。
すると、中国先生は何粒も一度に飲まれ・・・。
相当、苦しかったんだと思います。
この時は、中国先生も胃腸炎かなと言われたので
私もそう思っておりました。

その秋に、K-holicさん「KFJ]の打ち上げの際
楽しくPか先生とお酒を飲みながらお話しされる姿を見て、
その時は気のせいかなと安心したのです。

が、それからお会いする度に痩せていく中国先生。


そして冬、「僕はもう長くないかもしれません。」と。


春に仕事も辞められ、病院へ。
後から知ったのですが、この時はもう手遅れだと。
発病は昨年初めだったそうです。
「今まで、こんな生き方してきたからバチが当ったんですよ。」
と話される中国先生は本気で言っているようにも見えて・・。



それから、8月上旬に入院。

8月12日に中国先生より電話を頂き、その時に入院をしていると
初めて知るのです。
入院先を訪ねるのですが、
「言ったら、お見舞いに来るでしょ?」
と教えてもらえなかったのですが、翌日また電話を頂き
「もう、会えることもないかもしれないので
 来てもらえませんかね?」と。
スグに伺いました。
なんだか、中国先生らしいです。


8月下旬の写真です。
20120820_183925.jpg
左が中国先生、右が親友の方。
※もちろんお二人の掲載許可有


9月2日、久しぶりの休日。
中国先生のお見舞いに行く予定でしたが、午前中は予定が入り
昼からは疲れて家でいつのまにか寝てしまい・・・。

寝ることなんて、いつでもできるのに。
もう中国先生とは二度と会うことができません。
本当に馬鹿ですね、私は。


この2年間、私の休日は家族と過ごすより
時間があれば中国先生の所へ行っておりました。
が私は、廃屋や火葬場はそんなに好きではないのです。
中国先生のお人柄が、一緒にいるととても楽しいのです。




中国先生へ

今、とても寂しく悲しいです。
でも、また一つ私も何時かは分かりませんが
天国に行く楽しみが増えましたよ。
その時は、初めて会った時みたいに冷たい態度はとらないでくださいね。

楽しい時間をありがとうございました。

                       ど僕。
            

 | HOME | 

文字サイズの変更

Profile

波照間島にて

Author:ど僕
74年製の小排気量のポンコツです。
どうぞよろしく。

■ Blog Ranking ■

Links

Categories

奇跡の鍵コメ。 (76)
バイク (137)
ZR-7 (57)
SRV250 (237)
カブ・シャリー (91)
車 (117)
BUBU505c (37)
旅行・おでかけ (317)
出来事 (228)
独り言 (263)
自転車 (125)
サイクリング (22)
ママチャリ改造 (31)
ダイエット・健康 (114)
病院へ行きたい。 (14)
キャンプ (11)
物欲 (178)
家族 (200)
グルメ (321)
家 (90)
ペット&観葉植物 (34)
友人 (122)
映画・音楽・TV・本等 (166)
投資 (39)
神社 (10)
THE ワールド (10)
未分類 (231)

Recent Entries

Recent Comments

Calendar

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly Archives

Visited

designed by たけやん