fc2ブログ

ナイスど僕。

Nice du beaucoup

がっかりですヨ、N君。

どうも僕です。

少し前の日曜日のお昼、何気に『新婚さんいらっしゃい』を
見ていたのです。

あの番組はあれですかね。
新婚さんは、棒読みのタメ口で一文でしゃべらされるルールなんですかね。
まあ、それも面白く長寿番組になっている秘訣なんでしょうか。

そんな番組の最後に、広島の「新婚さん募集」のお知らせ!
今年の5月吉日に結婚した友人N君は、
以前から出たいと言っていたなと。

これはスグに教えてあげないと!と思っていたのですが
忘れておりまして。

そんな数日後、N君から電話があり「残念なお知らせがあるんじゃけど。」と・・。
いつものように、たいしたことのない話しをためて話し始めたので
「なんなんだ?もったいぶりやがって面倒臭ーな。」と
心の中でつぶやいておりますと

「新婚さんいらっしゃい、応募したんじゃけど
 落ちたワ。」


と。

久しぶりに、本当に残念なお知らせですヨ!!
爆笑とまではいかないまでも、薄ら笑えるエピソード満載な筈なのに
落選だなんて、どうかしてますよ。

何が原因なのか?
応募方法を知らないですが、簡単なエピソードを書かなければいけなかったのなら
残念な紹介文だったのか・・。
その他の応募者の中に、エロネタ満載な品のない爆笑夫婦がいたのか・・。
選ぶ方のセンスに問題があったのか・・。

それにしても残念です。
私の中の妄想予定では

①N君とマッキーが新婚さんいらっしゃいの出場。

②ブログがきっかけと放送され、『どうも僕です。』のアクセス数が千倍となる。

③話題になり、深夜の5分間ラジオ番組として放送開始!

④ラジオが話題となり、深夜ドラマ化決定!!

⑤そして・・B級映画化へ

みたいな流れですヨ。
で、私は少ないながらも印税を得、少しは生活が楽になるという妄想。


N君、出場できるまで応募し続けなさい。

18年ぶりに買った、ツーリングマップル。

どうも僕です。

昔はよく、ツーリングに行っていた私。

高校を卒業した3月にスグにバイクを買い
同時にツーリングマップルも購入。
もう18年も前のことでして。

当時のツーリングマップルは、黄色い表紙の
そこそこ薄くウエストバックに入る丁度良いサイズ。
次のツーリングマップルは、使いづらい少し大きなサイズになったので
その古い地図を当分使っておりました。

その後、25才で結婚しツーリングの回数も減り
子供が生まれてからは年に数回。
ココ最近というか、数年は全くツーリングらしいことをしておりません。


で、この前本屋さんへ行き久しぶりに見たツーリングマップル。
H3J0129.jpg
中をパラパラめくると、もうなんですか驚きなのですヨ。
道の状況はもちろん美味しいお店や、宿情報、
そして展望情報に温泉情報等が沢山記されており素晴らしいんです。

現在、小型バイクしか手元にありませんが
購入してしまいました。
で、最近はカスタムに預けたバイクは戻ってくる気配が全くないので
新たなバイクが欲しくて欲しくてたまらないのです。
特に秋は気候もいいので、そんな気分も高まるのです・・
が、この時期は仕事が忙しいんで休みが取れないんですけどね。



このツーリングマップルは本当に素晴らしく
毎夜、パラパラめくりツーリングに行きたいな~と眺めているのです。
が、ツーリング先でこの本を出すことを考えると
他人がバイクで走っている写真が表紙ってなんなんだ?と
思うのです。
昔のレトロな、いかにも地図ですっていう表紙が良かったナ~。

『広島-陽のあたらない所-』の好きだった記事。

どうも僕です。

中国先生のブログの廃墟系で好きだった記事がありまして。
いろいろ想像膨らませる魅力があり、何かスッキリしない内容。
それは、日記のせいでしょう。


以前、中国先生に

私 「あの記事、私好きなんですよ。」

中国先生 「そうなんですか?あの場所は、とても話題になって
      どこだどこだって皆さんが探してるみたいだったんで
      消したんですよ。フフフ」

と。


その後も

私 「あの記事イイですよね~。」

中国先生 「あの場所教えますヨ。どこぞを上がって
      あそこを曲がって・・・」

と、場所の説明を始められる中国先生。
が、行く気の無い私は話を聞いてなかったんですけどね。


私が、あの記事で知りたかったのは

『実は、悪いとは思いつゝも居間に重ね置いてあった日記帳の一番上のを
 手にとって見てしまったからだ。
 女性の字だった。
 偶然にも家族が終焉を迎える経緯が綴られている最後の日記帳だった。
 やはり大変な不幸が襲ってきたらしく、持って行き場のないうらみ辛みごとや
 苦渋の決断を強いられている中で迷いに迷っている様子が書かれていた。
 無論このような現場で読破できるほど神経の太くないぼくは、
 ザッと目を通しただけで早々にこの場を立ち去るしかなかった。』

最後に綴られた日記を読まれたのなら
何が起こり、そして『これから』が書かれてあるのなら
写真の家族がどうなったかを、不謹慎ながら下衆な私は知りたいと思うのです。
が、何度かこの記事の話を私からするのですが
この日記に何が書かれていたか?ということは
聞いてはいけないことのようで、ずっと聞けなかったのです。


が、今年の春に私のリクエストで中国先生に
「怖い所に連れていってほしい」というと
竹原近辺へ行きましょうとドライブへ行ったのです。
その帰りの車中で我慢の限界がきてしまい

私 「あの記事の日記には何が書かれていたんですか?」

と遂に聞いてしまいまして。

中国先生 「もう覚えていないんですよ。」

と。

私 「・・・・。ああ、そうなんですか。」

記憶力の良い中国先生なので忘れる筈は無いと思うのですが
もしかしたら話したくない内容だったのかなと
思ったりしたのでした。




そして、最近ある写真も文もとても超魅力的な
ブログを発見!
くまおさんが記されいる『廃れゆく部屋』というブログでして。
行かれた先々にてセンスが感じられ、何か美しいのです。

その中で、この中国先生が行かれた物件を紹介されており
そこには、事実も記されておりまして。
あのご家族は今もご健在とのこと・・。
最悪の状況も想像していたので、本当に安心しました。




でも、まああれですよ。
中国先生の記事で大好きだったのは、やはり
私のことをおちょくってくださったものですね。





姓名判断。

どうも僕です。

何気に自分の名前を検索してみる。


もちろん、吹けば散る小さな勤め先で、
他に何も活動もしていない私自身は
もちろん検索にはひっかかりませんが。


が、同姓同名の方って沢山おられるようでして。
まあ、それだけよくある平凡で一般的な名前なのでしょう。


その方たちが何者かを見ていると
建設事務所や社会保険労務士、歯科医
大手会社の役員等、私とは違って成功されている方々・・・。


そういば以前、姓名判断だと私の名前ってかなりイイのですよ。
なので、私の全てにおいてのダメっぷりは
何故なのか不思議なくらいでして。


そんな中、同性同名の方の中に・・・

「婦女暴行容疑などで警察署に拘置中に留置所トイレにて首つり自殺。」

という方アリ。


うあ~~、
世の中同じ名前でもいろんな運命というか人生があるものです。

もう待ちくたびれてますヨ。11

どうも僕です。

XR100Rで少し走ろうと思い、
燃料を確認するとほぼ無かったので、
職場にあった携行管より少々拝借し
燃料を入れた私。

そんなことをしてしまったからか、携行缶のガソリンも少なかったのですが
缶の底には不純物が混じり、私のタンクの中にも入ってしまったのです。
それが、キャブに入ったかどうか・・・
キャブから燃料が漏れ、エンジンがかからなくなったのが6月だったか。

そんで、友人のTさんがキャブ掃除を一緒にしてくれるという話だったのですが
どうも休日が当分ない感じでして。
でも、次に休みがあったら久しぶりにバイクに乗りたいなと。

だったら手っ取り早くバイク屋さんにて
修理してもらえば早いじゃないかという結論。

そんな時に浮かぶバイク屋さんといえば・・
4年半以上バイクをホッタラカシの
あのバイク屋さんでして!



で、バイク屋の社長に電話ですヨ。

私 「バイクが動かなくなったんで、直してもらいたいんですけど。」

社長 「あー、キャブじゃね。今週の土曜日取りに行きます。」

この時は、スグに電話にでてくれた社長。
そりゃそうですよ、この電話の二日前に催促に家まで行って
また私の電話を無視してたらマズイですよね。

そして、先週の土曜日のお昼前に社長が取りに来てくださいまして。

私 「このバイク、いつ直りますかね?」

社長 「キャブ掃除するだけじゃけえ、すぐ直るよ。
    来週中には持ってきます。」


この話は先週の土曜日の話でして。
で、今週・・・今日は金曜日です。
何時になるのかな?と社長に今日の夕方
電話をするのですが出ないのです!
1時間経っても2時間経っても電話も無い・・。
また、無視ですヨ。



いやー、あれですよ。
持って来る時間が無ければ待ちますよ。
一本電話で
「約束しとったんじゃけど、今週中には忙しくて持って行けんのんよ。
 来週まで待ってくれんかね?」
位、言ってくれてもいいと思うんですよね。

なんだか、もう1台のバイクの件もあるので
不安になるじゃないですか。


って、また他を依頼する私は
やっぱりバカですかね?

« 新しい記事へ  | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

Profile

波照間島にて

Author:ど僕
74年製の小排気量のポンコツです。
どうぞよろしく。

■ Blog Ranking ■

Links

Categories

奇跡の鍵コメ。 (76)
バイク (137)
ZR-7 (57)
SRV250 (237)
カブ・シャリー (91)
車 (117)
BUBU505c (37)
旅行・おでかけ (317)
出来事 (228)
独り言 (263)
自転車 (125)
サイクリング (22)
ママチャリ改造 (31)
ダイエット・健康 (114)
病院へ行きたい。 (14)
キャンプ (11)
物欲 (178)
家族 (200)
グルメ (321)
家 (90)
ペット&観葉植物 (34)
友人 (122)
映画・音楽・TV・本等 (166)
投資 (39)
神社 (10)
THE ワールド (10)
未分類 (231)

Recent Entries

Recent Comments

Calendar

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly Archives

Visited

designed by たけやん