fc2ブログ

ナイスど僕。

Nice du beaucoup

蒜山・大山旅行~大山寺~

どうも僕です。

大山って、今まで眺めるだけで行ったことなかったんですよね。
まあ、登山するわけではありませんが。


大山情報館横の駐車場に車を泊めると、脇の地面にストックを刺し
ワンちゃんが2匹つながれてます。
SH3J0736.jpg
通行人に愛想を振りまき、いろんな方に触られてました。
カワイイですね。
ちなみに、帰るときもまだ繋がれたままでしたので、
飼い主さんは登山?でしょうか。


先ずは大山寺に向かって歩きます。
観光客は少ない・・。
SH3J0737.jpg
宿やお土産屋さんも沢山あり、建物の感じで昭和は賑わっていたようですが
今は辞められているようなお店も沢山有り寂しい。
スキー客を相手にされている宿が多いんですかね。


大山寺

山岳信仰に帰依する修験道の修行道場として栄えた大山寺。
平安時代以降、山岳信仰の仏教化が進むにつれて寺院が増え、
最盛期には100を超える寺院と3000人以上の僧兵をかかえるほど。
一大勢力として、比叡山、吉野山、高野山に劣らないほどの隆盛を極めていました。
しかし、明治初期の神仏分離・廃仏毀釈をきっかけに衰退の一途をたどり、
数多くあった寺も現在は4つの参拝堂と10の支院を残すのみ。
本堂は天台宗の古刹で、昭和3年に一度焼失、同26年に再建されています。
もとの大日堂で、明治8年以降本堂となる。
大山寺の開創は養老2年(西暦718年)金蓮上人が地蔵菩薩をお祀りし、
修験道場として開かれましたが、貞観7年(西暦860年)天台宗第4代座主慈覚大師により天台宗に。
近世、封建時代には江戸幕府より3000余石寺領をゆるされ、別格本山としてその隆盛を極めました。
現在の本堂は、昭和3年の火災で焼失したものを昭和26年に再建したものです。

らしい。


仁王門。
SH3J0738.jpg


SH3J0739.jpg


本堂
SH3J0740.jpg


悪い部分を撫でるとイイらしい(確か)ので、
頭と心臓と足をナデナデしておきました。
SH3J0741.jpg


ちなみに、参拝志納金を大人300円・子供200円お支払いしたのですが
私がいた間、払っている方はいません・・・。

私 「あー、わしも払わんかったらよかった。」

嫁 「こういうのは払った方がいいでしょ。
   ご利益があるんじゃけん。」

と。

そりゃ、その通りです。
が、そんなことを考える私にはご利益は無いでしょうネ。


ちなみに、参拝志納金を支払うとパンフレットを頂いたのですが
中を確認せずに嫁に渡した私。
家に帰り見てみますと、『大山寺宝物館 霊宝閣』の入園券アリ・・・。

「宝物館見たいな~」(本当に)と言いながら去ったのですが
まさか入園券も付いていたとは!
大失敗しましたヨ。

 | HOME | 

文字サイズの変更

Profile

波照間島にて

Author:ど僕
74年製の小排気量のポンコツです。
どうぞよろしく。

■ Blog Ranking ■

Links

Categories

奇跡の鍵コメ。 (76)
バイク (137)
ZR-7 (57)
SRV250 (237)
カブ・シャリー (91)
車 (117)
BUBU505c (37)
旅行・おでかけ (317)
出来事 (228)
独り言 (263)
自転車 (125)
サイクリング (22)
ママチャリ改造 (31)
ダイエット・健康 (114)
病院へ行きたい。 (14)
キャンプ (11)
物欲 (178)
家族 (200)
グルメ (321)
家 (90)
ペット&観葉植物 (34)
友人 (122)
映画・音楽・TV・本等 (166)
投資 (39)
神社 (10)
THE ワールド (10)
未分類 (231)

Recent Entries

Recent Comments

Calendar

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly Archives

Visited

designed by たけやん