FC2ブログ
AD





山陰のバイク屋さんへ行った話

ど僕です。

3月の始め頃だったか、暇人の私を気遣って
じぇいるさんが誘ってくださり、山陰のバイク屋さんへ。
KIMG1233b.jpg
バイクが増えすぎて、2台を処分したいとのこと。


このスズキランディー。
KIMG1234b.jpg
元々、私のだったのですが、バイク引き取り屋さんの軽トラの方に
見せても、引き取り拒否されたバイク。
それを、じぇいるさんはもらってくださり、こんな綺麗に復活されたのです。
凄いというか、怖いですヨ。
ホント、ボロボロでしたから。

それと、軽トラ後ろに乗ってるホンダDIO。
訳あってロンスイにされたのに、その用途では使用されることなく・・・
勿体ない。


なかなか、このタイプのバイク屋さんは少ないですよね。
KIMG1237b.jpg
60・70・80年代のバイクがズラ~っと並び
楽しいです。


まだ、整備されていないバイクは屋外の屋根付き場所に
保管されていました。
KIMG1235b.jpg
赤いヤマハのベルーガが懐かしい・・。
あれは、私が小6の時に母が乗っていて
母がいない時に敷地内で乗って遊んでいました。


また、来たいなと思うバイク屋さんです。

一人、会話の難しい店員さんがおられましたが・・。
楽しいお店に連れてきて頂き、じぇいるさん
ありがとうございました。♪

角目シャリー~レッグシールド取付~

ど僕です。

水色を吹いたレッグシールドにクリアを吹こうかなと。
コンパウンドで全体を拭いて、油分を取りたいなと。

どうやって、油分を取ろうか・・・
考えて、「あっ!そうだ」と。
良い事思いついたと、レッグシールドに
ぶしゅ~っとパーツクリーナーを拭くのです。

すると、水色の塗装がグジュグジュグジュっと
浮き上がるのですよ!


うわっ、折角塗装したのに大変な事になったと超焦りますヨ。
これ、、分かってる人が読んだら笑うとこだと思いますが
分からないというのは罪なことです。

全体ではないので、シンナーでグチュグチュなとこを拭いて
またスグに水色を吹きます。


そして、時間が勿体ないので電気ストーブの前で
乾かして
KIMG1238b.jpg


スグに取り付けてやりました。
取り付けて乾かせばいいやと。
KIMG1239b.jpg
↑ホーンもシルバーに塗装したんですけどね。
これも乾かして、クリアを吹いたら
塗ったシルバーが垂れてきましたからね。

もう、塗装は訳分からないです、私には。


で、どうでしょうか?
やっぱし、色が濃すぎるな~と。
もっと、しっかり缶スプレー選べばよかったなと。

が、これを取りつけて2週間位は、そう思ってましたが
今はもう見慣れて、逆にこの水色が玩具感があり
いいじゃないと思ってますヨ。

角目シャリー~レッグシールド塗装~

ど僕です。

シートをワイン色にした頃より考えていた
全体的にカブ色(c125)にしたなと。


ということで、レッグシールドを塗装します。
KIMG12286.jpg
良く洗って、乾かしてますよ。


下地は、ミッチャクロンというものを初めて吹いたのですが・・・
ダマのようになって缶から出てきて、塗装面は雨に打たれたかのような状態に。
ま、いいかと全く細かくない私はその程度は気にしません。


缶スプレーは↓をチョイス。
KIMG12296.jpg
って、これが欲しくて買ったんじゃないんですよ。
C125のような薄いブルーで品を感じるものを探したのですが
近所のホームセンタ-には、そんな気の利いた色は無いのです。
ま、いいかと全く細かくない私はその程度は気にしません。


で、軽く乾かしながら2~3度塗ったかな。
KIMG12306.jpg
洗い作業から1時間半程度で完了。


数日はほっとこうかなと。
KIMG12316.jpg
屋内にぶら下げておきます。


乾いたら、クリアを吹く予定ですが・・・。

角目シャリー~ヘルメットホルダー追加~

ど僕です。

サス取り付け部に隙間が開いている問題で
左はワッシャーで対応していたのですが、それってどうなんだと。
面白くないなと、訳の分からないことを考えだすのです。


じゃ、反対もと、またメガネを購入。
何故かって、100円だから。
KIMG12126.jpg
ギリギリで切ってつけるのも、味気ないなと
ちょっと長くして、ヘルメットホルダーにしようと
適当な長さでカット。



切り口を、ちょい整えて取付。
KIMG12146.jpg
あん、いいんじゃないですかね。


ヘルメットをかけたりしてみたりして。
KIMG12156.jpg
ヘルメットホルダーはあるのですが、鍵をあけないといけないので面倒。
ちょっと、バイクから離れる時等はいいかなと。

これで、ミラーにかけなくてよくなりますヨ♪

角目シャリー~マフラーステーを考える~

ど僕です。

この前、付け替えたリアサス。
取付時にアホだから気が付きませんでした、ふと気が付いた。
OKDサスが純正と比べて、取付け上部の太さが狭いため、結構な隙間が
開いており、手で動かすと左右にガタガタ動く・・・。

その隙間を埋めないといけないと、7ミリ位の開きがあるので
ナットを買ってきて、穴を12ミリまで広げて、対応しようと思ったのですが
ナットの穴をドリルで広げようとするも、まったく削れまでせんでした。
KIMG12076.jpg
それは、何故かステンレスだから硬くて開かないそうです。
これを2名の方に相談したのですが、サラっと言われて
私はやはりアホなんだなと再確認。


で、思いついたのがメガネレンチをマフラーステーにして
メガネの厚みで対応しようかなと。
KIMG1199q.jpg
メガネは近所の100均で購入。


対応できたけど、購入したメガネの長さではサイレンサーの
取付位置が↓になってしまいました。
KIMG1198q.jpg
ヘンだし、マフラーステーは曲がっていてほしい。



ということで、単純な私は、大ハンマーで何度も殴り
曲げてみます。
KIMG1200q.jpg
結果、人力(私の)では20分何度も殴ってこの通り。
甘いカーブです・・・。
太い方ならいいですが、狭い方向に曲げるのは難があり過ぎる。
そして、固定が難しい。


が、ここで諦めるのは嫌だなと。
元からカーブしたメガネもあるようで、実際にお店に見に行って
手が伸びたのですが、駄目だこれを買ったら負けだと。
メガネが100円で手に入ったんだから、100円の
マフラーステーにしたいのです。


で、バーナーで炙って曲げてやりましたヨ!
KIMG1205q.jpg
最初から、炙れば良かったんですよね。
楽しようと、楽じゃないことしてました。


ハイ、取り付け。
KIMG1206q.jpg
カッコよくはないですが、私はこれで満足です。


反対の取り付け場所は、ワッシャーを何枚か入れて対応しました。
「じゃ、マフラー側もそうすれば良かったじゃん」
ということなんですけどね。
AD




AD


欲しいものがきっと見つかる






Profile

波照間島にて

Author:ど僕
74年製の小排気量のポンコツです。
どうぞ宜しく。

■ Blog Ranking ■
Categories
Recent Entries
Links
Recent Comments
Calendar
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Monthly Archives
Visited