AD





最近は猫の本が多い件。

ど僕です。

えっと、犬と猫とでは飼われている数は猫が逆転したとかしないとか。

以前は、犬の方が多かったというのも
猫好きな私からしたら、「へ~、そうだったんだ。」
という感じですが。

この前、何かの用で大都会可部に行き
※子供の頃、従兄が可部だったのですが
 当時私が住んでいた海田を「田舎だ田舎だ」とバカにするのです。
 といっても可部の中心地に住んでいた訳ではなく亀山団地(っていったかな?)
 なんですけどね。
 そして、可部は街だ大都会だと言い張るのですが、
 今も昔もそんなイメージは0。
時間潰しで入ったコンビニも店内にある本屋さんにて、ペットのコーナー。
CM_2014.jpg
やはり、世の中は猫派が多くなったのか
猫の本が多い!!

この本は、昔からあったんですかね?
それとも最近、発刊されたのでしょうか。

でも、私は手にとって開きませんヨ。
見たら、猫と一緒に暮らしたくなりますから。
「猫と暮らしたい。」と嫁に言ったら

嫁 「子供が3人もおって、誰が世話するんね?
   口のついとるものは、もういらんのんよ。
   あんたも子供みたいなもんなんじゃけんね。
   世話ばっかりかけてから。」

と言われ、私は返す言葉もありません。


あー、猫ちゃんと暮らしたいな。
昔みたいに猫ちゃんと一緒に寝たいな。
仕事から帰ってきたら、猫ちゃんに走ってきてもらいたいな。

猫はこの世で、一番かわいい生き物ですからね。

あ、でもゲロ掃除をしないといけないな。


観葉植物もカワイイのです。

ど僕です。

夏の終わり、いや秋の初めに
我が家のシンボルツリーのフェニックスを剪定。
CM_1829.jpg
毎度、「適切な時期ってあるのかな?」と悩みながら切るのですが
調べるのも面倒なので、葉が増えたなと思うと切ってます。


サッパリしました。
CM_18301.jpg
ちなみに水をやるのも、何日おきだとか
どれ位の量だとか、気にはしているのですが
調べるのも面倒なので、水をやりたいときにやってます。

まあ、ここまで枯れずに成長もしているようなので
強い子なのでしょう。

たまに、写真のように玄関から仕事が休みの日は
外に出してやるのですが、ホントたまになので可哀そう。
が、外に置いてくのも夜は寒いかなと。

この子は私だけが世話しているのもあって
カワイイんですよね。



亀の子供を見つけたヨ。

ど僕です。

以前、飼っていたイシガメを捕まえた溝に
小さなイシガメ発見!
CM_1817.jpg
10円玉と比べてるの図。


甲羅のサイズは4cm位でしたかね。
尻尾が長いです。
CM_1818.jpg
おとなしくて、顔を見てもイシガメは愛らしくて可愛いですね。

このサイズで、生まれてどの位なんですかね。
その溝は、狭く雨が降らないと水も無いような場所ですが
亀をここで見つけたのは3度目。
この子の親も、もしかしたらここにいるのでしょうか・・・。

ちょっとだけ、また飼いたいなと思ったのですが
家の中の水槽で亀を飼うと、日光不足で亀が病気になったら
可愛そうなので止めておきます。

ということで、またそっと元の場所に戻しました。
次、会う時は成長した姿が楽しみです。


フェニックの葉をカット。

ど僕です。

我家のシンボルツリーのフェニックスロベリレニー。

シンボルツリーって言ったって、庭がないので
鉢植えですが。

我家に来て、早3年。
毎日見ているので、大きくなった実感はないですが
こま購入した時からしたら、大きくなってるでしょう。
2年前には、鉢を大きなサイズに交換しましたし。


で、葉が広がりっているので、間引きます。
玄関に置いてるので、広がり過ぎると邪魔なんですよね。
CM_1589.jpg
この時期ですよね?間引くのって。

夏に伸びた葉を、また秋に切るので
実際は、季節関係無しで切ってますけど・・・。

水は一週間に1度位しかあげていないのですが
それで良いのかも分かりませんが。

まあ、枯れていないのでいいのかな。
って、この子が枯れ難い植物なのかもしれませんが。

でも、もうそろそろ成長しているのであれば
止ってもらいたいな。
玄関から日光浴で、写真のようにたまに外に出しているのですが
ドアから出せなくなってくるので・・。

ブログが取り持つカメの養子縁組。

ど僕です。

2012年4月末から飼い始めた、イシガメ。

父が、近所の溝にいるところを捕まえ、
息子(当時小5) に見せると「世話をするから飼いたい。」
ということで、我家にやってきたのであります。


捕まえた日ですね、コレは。
SH3J0538.jpg
何を食べるのか分からなかったので、いろんなものが写ってますね。


甲羅は5cm位でしょうか。
SH3J0539.jpg


そういえば、我家の年賀状にも登場させましたね。
H3J0915.jpg


できるだけ、亀の居心地がいいように
シェルターも作ってあげたかな。
H3J0895.jpg


今月末で、イシガメを飼い始めて丸3年・・・。





が、この度亀をお譲りしたんですよね。

理由は
①亀の甲羅が上に反り始め色もなんだか薄く、
 ライトで育てているからかなと不安になり始めた。
②亀も大きくなり、900幅の水槽は準備していたのですが
 このままでは狭く可愛そうになってきた。
③世話をすると言っていた息子が、世話をしなくなってきた。

こんな感じでありまして。


以前からブログを拝見しておりました
ブログ『ロマンスグレーの独り言』のロマンスグレーさんに
「我家のイシガメを飼って頂けませんか?」と相談。

ロマンスグレーさんは、ブログ記事で知ったのですが
お庭には池があり、現在も数匹の亀を飼われているのです。
その環境で、我家のイシガメも一緒に生活できるとなれば
我家の亀もとても幸せです。

そんなお願いに、ロマンスグレーさんは快諾してくださり
更には、これからイシガメをどのように環境に慣れさし
飼って頂けるかを私に説明してくださりまして・・・。

そんなご丁寧な御連絡を頂け、超恐縮する私。
本当に『カメの楽園』のようなお話に、涙が出ます。


というこで、先週の日曜日にわざわざ私の住む僻地に来てくださり
お譲りするとこができまして。


我家で最後のカメ写真。
CM_1534.jpg
ロマンスグレーさんの記事にて、目が可愛いと言ってくださっているのですが
私もそう思っていまして。

このイシガメを父が拾ってきた数日後に、
また父が同じ溝から別のカメを捕まえてきたのです。
同じくらいのサイズのミドリガメだったのですが、
とても嫌な目つきをしており、すぐに戻したんですよね。
そのカメは人を見ても恐れることもなく、態度が悪い。
が、このイシガメはとうぶん甲羅から頭を出すことなく
なかなか心を開いてくれませんでした。
最近は、水槽の中で立ち上がったり
ガンガ水槽に甲羅をぶつけては、餌のおねだりをしていましたが・・。


CM_1533.jpg
ロマンスグレーさんには、私の失態でお譲りすることが決まってからの
報告となってしまった、お尻周りが白くなっている問題。
この事をお伝えしても、
「もし病気だとしたら、私の方で、治すようにしたいと思います。
 手をかけて治せば、それだけ愛情が湧きます。」
とのこと!

渇き気味の私の心が、一瞬でオアシスに変わりますヨ。
その他、メールでのやり取りの最中のお言葉が
眠たい人生を送る私には絞っても出てこない
知的さと、繊細な気を使われよう、そして優しさがに満ち満ちているのです。
「苦しみの数だけ、優しくなれる」ということでしょうか。

お会いして、ロマンスグレーさんといっても
髪が禿げ散らかっていて、吹き出しそうになったらどうしようと
思っていた私が恥ずかしい・・・。
※実際にお会いしたら、超素敵で綺麗なロマンスグレーで驚きなのです。
 ちなみに禿げとは一生無縁な印象で、怪しいAGA輸入薬を飲んでいる
 私は羨ましいにも程があります・・。


ハイ、ちょっと下品かもしれませんが
頂き物のアップ。
CM_1538.jpg
お土産頂いたんですよ、ロマンスグレーさんから。

わざわざそごうまで行き、並んで買われたとのこと!
この日は待ち合わせ時間に数分遅れて来られ、
買われるのに行列ができていて遅くなったとのことでして。
平日は混んでいなかったのでとのことですが、デパ地下事情や
グルメには縁のない私ですので、どんなんだ?と楽しみでしかたありませんヨ。
ガトーフェスタハラダというお店らしく、この度頂かなかったら
一生食べることないですし、知らなかったお店です。
まあ、今までに食べたことのない驚きの品のある美味しさだったんですけどね。


ロマンスグレーさん、この度はありがとうございました。
私にも亀にもとても良いご縁となりました。
本当に感謝しております。





※記事タイトルは、ロマンスグレーさんを真似てます。
AD




AD


欲しいものがきっと見つかる






Profile

波照間島にて

Author:ど僕
74年製の小排気量のポンコツです。
どうぞ宜しく。

■ Blog Ranking ■
Categories
Recent Entries
Links
Recent Comments
Calendar
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Monthly Archives
Visited